日本の憲法では三権分立が謳われているいる様に司法、立法、行政が独立した

 

機関として機能しています。司法の番人最高裁判所、立法の最高機関である国

 

会、行政の執行機関である各省庁それぞれが独立した機関としている訳ですが、

 

時折それぞれの期間で憲法に反する状態になる時も有ります。

 

もし国会や各省庁で憲法を脅かす状態になった時は、最高裁判所が合憲か違憲

 

かを審査する制度が違憲審査制です。最近の出来事で言えば1票の格差の問題

 

がそれであり、各省庁の不祥事も最高裁判所の審査の元で判決が出されます。

 

国会も各省庁もこの判決には従わなければならず、放置していると国会の場合は

 

最悪選挙無効の判決が出て、その選挙区の議員は失職し選挙はやり直しになり

 

ます。憲法は日本の全ての法律の頂点ですので、いかなる法律、規則も合憲で無

 

くてはいけません。

 

国会は立法機関ですので、1番憲法との比較が重要な機関ですので法案を提出

 

する時には充分な審議をしなくてはなりません。対して最高裁判所は常に、国会

 

に提出される法案に注意し監督しなければなりません。この制度は最高裁判所が

 

どの様な権力にも脅かされず、憲法に基づいた公平な判決を出す為には必要な

 

制度です。

xf0635025662l