違憲審査権とは一切の法律、命令、規則、処分が憲法に適合しているかどうかを審査する権限のことを言います。憲法は国の最高法規であるため、これに違反した法令等に効力はありません。日本では違憲審査権を憲法第81条には最高裁判所が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所と規定されています。また、日本の違憲審査権は付随的審査制と言われています。

 

これは具体的な訴訟事件を裁判するときに解決に必要な限度で適用される法令の違憲審査を行うタイプのものを言います。日本以外ではアメリカがこのタイプを採用しています。他のタイプとして、抽象的審査制というのもあります。これは特別に設けられた憲法裁判所が具体的な訴訟とは関係なく違憲審査を行うタイプのものを言います。主にドイツではこのタイプを採用しています。また、違憲審査権は下級裁判所にも行使することができます。

 

これは終審裁判所が最高裁でなければならないと規定しているのであって、下級裁判所も審査権を有するとされています。また、民事訴訟でなおかつ少額訴訟の時、上告審が高等裁判所になることがあります。高等裁判所が下した判決が憲法解釈の誤りや違反があることを理由とした場合、最高裁に上告することができます。これを特別上告と言います。